wp-permalink

WordPressブログ運営

パーマリンクとは?理想的なWordPressパーマリンク・スラッグの設定方法【初心者向け】

更新日:

「パーマリンクって何?スラッグって何?」

「パーマリンクの設定はすごく大事って聞くけど、理想的なパーマリンクの形と設定方法を知りたいな」

パーマリンクの設定は、ブログ運営において非常に重要です。おろそかにしておくと、後からいろいろな問題が発生しかねないからです。

この記事では、

  • パーマリンクとは?スラッグとは?おろそかにすると、どんな問題があるの?
  • 理想的なパーマリンク・スラッグの形とは?
  • WordPressのパーマリンク・スラッグ設定手順

この3点について、わかりやすく見ていきます。

パーマリンクの設定をおろそかにして後々大変なことにならないよう、まずは要点をしっかり押さえておきましょう(^^)

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

【各種設定にあたって】この記事でご紹介している各種設定は、あくまで参考例の一つとして私が実際に行っている内容をもとにご紹介しています。正しい設定・選択内容は必ずしも一つではなく、目的や状況によって変わる場合、また任意選択となる場合もあります。最終的な設定や選択については、全てご自身の判断のもと自己責任でお願いいたします。

「パーマリンク」とは?「スラッグ」とは?

what-is-permalink

パーマリンクとは、サイト内における「ページごとのURL」を指します。

例えば、

  • 今見ていただいている、このブログのURL「https://mal-life-log.com」
  • この記事ページのURL「https://mal-life-log.com/wp-permalink/」 ←これがこの記事ページのパーマリンク!

ではスラッグとは?

スラッグは、パーマリンクの中の、記事ごとで自由に変更できる末尾部分を指します。

つまり、

  • この記事ページのURL(パーマリンク)「https://mal-life-log.com/wp-permalink/」 ←このオレンジ色部分がスラッグ!

パーマリンクの中の「スラッグ」は、自分で記事ごとに好きな名前を設定することができます。

ただし、投稿完了にパーマリンクを不用意に変えてしまうと、次のようなデメリットが生じる可能性があります。

  • 「検索順位」や「インデックス」に影響が出てしまう。
  • 変更前のURLからのアクセスがなくなってしまう。
  • SNSシェアのカウントが0に戻ってしまう。
  • 結果、「301リダイレクト」という対応が必要となり、手間がかかる。

結論としては、

  • 一度その記事を投稿完了したら、あとからパーマリンクのスラッグは極力変えないこと。
  • 後からパーマリンクのスラッグを変更しなくて済むように、「初期設定」と「記事作成時の手動設定」で納得のいくパーマリンク・スラッグ設定をしておくこと。

この2点を押さえておけばOKです♪

wing_300_blog

理想的なパーマリンク・スラッグの形とは?

ideal-permalink-form

まずここでお話しするのは、「投稿・固定ページ」におけるパーマリンク・スラッグについてです。

僕が考える理想的なパーマリンク・スラッグの形は、

https://〇〇〇〇.com/(記事タイトルの内容をシンプルに表す英数字)/

このような形です。

その理由について、「ユーザー(サイト訪問者)視点」と「Google視点」の2つから見ていきます。

「ユーザー視点」で理想的なパーマリンク・スラッグ

「ユーザー(読者)視点」で理想的なパーマリンク・スラッグは、次のような形だと考えられます。

  • https://〇〇〇〇.com/(記事カテゴリー内容)/(記事タイトル内容)/
  • https://〇〇〇〇.com/(記事タイトル内容)/

理由は簡単で、記事のURLに「投稿した日付」や「ページID」を入れたところでユーザーにとってはほとんど意味のない情報だからです。

ユーザーにとって意味のある情報とは、「カテゴリー」や「タイトル」など記事の内容に直結しているものですよね。

ただし「カテゴリー」を入れてしまうと「後からサイトのカテゴリー構成を変える場合」に、合わせて修正する必要が出てきたりします。

例えば、「グルメ」というカテゴリー名だったのを、「洋食」「和食」「スイーツ」に細分化した場合などがそうですね。

先ほどもお話ししたように、「パーマリンク・スラッグを記事投稿に修正する」のは基本NGです。

なので結論としては、

  • https://〇〇〇〇.com/(記事タイトル内容)/

これが理想的と考えられます。

「Google視点」で理想的なパーマリンク・スラッグ

GoogleはサイトURLについて、このように明示しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用元:Google Search Console ヘルプ「シンプルな URL 構造を維持する」

「シンプル」「意味のある単語」この2つがポイントですね。

結論、先ほどの「ユーザー視点」と同じ形となります。

日本語のパーマリンク・スラッグがおすすめできない理由

「日本語のパーマリンク・スラッグ」はおすすめできません。理由としては、

  • 「404エラー」というリスクがある ←ときどき見かける「お探しのページは見つかりませんでした」というエラー。
  • 日本語が含まれたURLの記事が、SNSでシェアされたりURLのコピペなどを行ったりすると、日本語部分が文字化けする。

このような問題が挙げられます。

日本語パーマリンク・スラッグによる文字化けとは、

  • (文字化け前)https://〇〇〇〇.com/パーマリンクサンプル/
  • (文字化け後)https://〇〇〇〇.com/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB/

こんな感じのものです。正直、見栄えのいいものではないですよね(笑)

理想的なパーマリンク・スラッグの形まとめ

まとめると、理想的なパーマリンク・スラッグの形は次のようになります。

  • 基本形 ⇒ https://〇〇〇〇.com/(記事タイトル内容をシンプルに表す英数字)/
  • もしくは(カテゴリー構成変更を考慮しない場合) ⇒ https://〇〇〇〇.com/(記事カテゴリー内容)/(記事タイトル内容をシンプルに表す英数字)/

もちろん「100%これが正解!」というのはないかもしれませんが、僕が現状考える理想の形はこのようになります。

【ちなみに】記号を使うときは…

パーマリンク・スラッグで記号を使うときは、「 - 」(ハイフン)がおすすめです。

理由は、Googleの見解です。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

引用元:Google Search Console ヘルプ「シンプルな URL 構造を維持する」

それでは最後に、実際の「パーマリンク・スラッグの設定方法」を1から見ていきますね♪

【初心者向け】WordPressのパーマリンク・スラッグ設定方法

permalink-setting-wordpress

WordPressの「パーマリンク・スラッグ」設定は、次の2つにわけられます。

  • 「投稿・固定ページ」のためのパーマリンク・スラッグ設定
  • 「カテゴリーページ」のためのパーマリンク・スラッグ設定

どちらも簡単です。さっそく見ていきましょう♪

「投稿・固定ページ」のためのパーマリンク・スラッグ設定

次の2ステップになります。

  1. 初期設定
  2. 記事投稿ごとに手動設定

ステップ1:初期設定

WordPress管理画面 > 設定 > パーマリンク設定 をクリックします。

wp-permalink_03

画像はクリックで拡大されます

パーマリンクを「自動設定」するための選択肢が表示されます。

結局このあと記事作成ごとに手動で修正することになりますが、一応僕が行っている手順です。

「カスタム構造」を選択します。

「利用可能なタグ」から「%postname%」をクリックします。すると、「カスタム構造」のURL入力欄に「%postname%」と自動反映されます。

「変更を保存」をクリックします。

wp-permalink_04

画像はクリックで拡大されます

初期設定はこれでOKです。

ステップ2:記事投稿ごとに手動設定

毎回忘れないために、記事を書き始める前に最優先で行っておくことをおすすめします。

WordPress管理画面 > 投稿 > 新規追加 をクリックします。

wp-permalink_05

画像はクリックで拡大されます

最初に「記事タイトル名」を入力します。

その後すぐに、本文入力欄の中(のどこでもいいので)で一度クリックします。

wp-permalink_06

画像はクリックで拡大されます

すると、↓↓↓ の画像のように「記事タイトル名」のすぐ下に「パーマリンク」が表示されます。

ときどきすぐに表示されない場合があるので、その場合は数分待つか、もう一度ページを開き直します。

wp-permalink_07

画像はクリックで拡大されます

パーマリンクを見てみると、先ほど入力した「記事タイトル名」がそのまま日本語で自動設定されていますね。

ただし「日本語のパーマリンク・スラッグ」はおすすめできないので、ここから手入力で修正していきます。

編集」をクリックします。

wp-permalink_08

画像はクリックで拡大されます

「編集」をクリックすると、パーマリンクの入力欄が表示されます。

任意のワードを英数字で入力して、「OK」をクリックします。

記号を使うなら「 - 」(ハイフン)がおすすめです。

wp-permalink_09

画像はクリックで拡大されます

入力したパーマリンクが反映されています。

wp-permalink_10

画像はクリックで拡大されます

投稿・固定ページのためのパーマリンク・スラッグ設定は、これでOKです。

カテゴリーページのためのパーマリンク・スラッグ設定

カテゴリーページのパーマリンク・スラッグ設定は、とても見落としがちなポイントです。

それは記事ページと違って、自分では投稿しているつもりがないからです。

でも「NO INDEX」設定にしていない限り、自分で作ったカテゴリーはWEB上に「カテゴリーページ」として存在しています。

WEB上に存在している以上は、パーマリンク・スラッグ設定もちゃんとしておく必要があります。

WordPress管理画面 > 投稿 > カテゴリー をクリックします。

permalink-category-page

画面左側「スラッグ」に好きな英数字を入力します。「シンプルにカテゴリー内容を表す」内容が理想です。

permalink-category-page

これでカテゴリーを新規作成すればOKです。

また、すでに作成済みのカテゴリーで「後からスラッグの変更を余儀なくされた」ときの手順は以下です。

できれば後から変更はしないのが基本ですが、知らずに「日本語スラッグ」のまま設定してしまっていた場合などもあると思います。

画面右側の対象カテゴリー名にカーソルを合わせます。「クイック編集」をクリックします。

permalink-category-page

「スラッグ」に入力します。最後に「カテゴリーを更新」をお忘れなく。

permalink-category-page

ちなみにカテゴリーページでは、

【https://〇〇〇〇.com/××××

↑↑↑ のようにスラッグを設定した場合、結果的にでき上がるURL(パーマリンク)は

【https://〇〇〇〇.com/category/××××

↑↑↑ のように、スラッグ直前に category/ というワードが固定(自動)で入るようになっています。

カテゴリーページのための基本的なパーマリンク・スラッグ設定は、これでOKです。

大変お疲れさまでした♪

wing_300_blog

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2019 All Rights Reserved.