siteguard-wp-plugin

WordPressブログ運営

SiteGuard WP Pluginの設定方法と使い方を優しく解説【不正ログイン対策・WordPressプラグイン】

更新日:

この記事では、

  • WordPressプラグイン「SiteGuard WP Plugin」とは?
  • 「SiteGuard WP Plugin」の導入方法(インストールと有効化)
  • 「SiteGuard WP Plugin」の基本的な設定方法と使い方

この3点について、わかりやすく見ていきます。ちなみに「SiteGuard WP Plugin」は通常無料のプラグインです。

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

はじめに

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などにより、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任でお願いいたします。

【関連記事】⇒BackWPUpの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

WordPressプラグイン「SiteGuard WP Plugin」とは?

「SiteGuard WP Plugin」は、WordPressの不正アクセス・不正ログイン対策として便利なプラグインです。

主な特徴・機能は次の通りです。

  • WordPress管理画面のログインページURLの末尾を、任意の文字列に変更できる。
  • ログイン時に、「画像認証」の項目を加えられる。
  • 指定した期間内に、指定した回数の連続ログインエラーがあった場合、指定した時間ログイン試行をロックできる。

不正アクセス・ログイン対策のプラグインとしては非常にメジャーだと思います。

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「SiteGuard WP Plugin」の導入方法(インストールと有効化)

普通に「インストール・有効化」をするだけなので、わかる場合は飛ばしてください♪

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 をクリックします。

siteguard-wp-plugin_01

画像はクリックで拡大されます

画面右上の検索入力欄に「SiteGuard WP Plugin」と入力します。

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 をクリックします。

siteguard-wp-plugin_02

画像はクリックで拡大されます

これでインストールと有効化はOKです。

有効化した時点で、ログインページURLはすでに変更されています。新しいログインページURLを確認しないままログアウトしないようにご注意ください。

新しいログインページURLの確認方法については、このあとすぐ見ていきますね♪

「SiteGuard WP Plugin」の設定方法・使い方

siteguard-wp-plugin-setting

ここでは、基本的な設定方法について見ていきます。

管理ページアクセス制限

「管理ページアクセス制限」とは、ログインが行われていない接続元のアクセスを、「404エラー(NOT FOUND)」という形で返すことで、アクセスを防ぐ機能です。ログインした接続元に対しては、そのIPアドレスが記録され、アクセスが許可されるようになります。

WordPress管理画面 > SiteGuard > 管理ページアクセス制限 をクリックします。

siteguard-wp-plugin_04

画像はクリックで拡大されます

管理ページアクセス制限の「ON・OFF」選択:「ON」にします。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

siteguard-wp-plugin_05

画像はクリックで拡大されます

変更したら、「変更を保存」をクリックします。

ログインページ変更

【重要】ここで表示される新しいログインページURLは、必ずログアウトする前にブックマークやメモなどしておきます。このURLが分からなくなると、次回から管理画面にログインできなくなるからです。忘れてしまった場合、「FTPクライアントソフト(サーバーとパソコン間でファイルを転送したりする仕組み)」から探せるようですが、僕はまだ試していません。

SiteGuard > ログインページ変更 をクリックします。

「ログインページ変更」のON・OFF選択:デフォルトの「ON」のままです。

「変更後のログインページ名」:これが新しいログインページURLとなります。末尾の入力欄は、任意の英数字などに変更することもできます。変更した場合、もちろん変更後のURLをブックマークやメモなどしておきます。

siteguard-wp-plugin_06

画像はクリックで拡大されます

変更したら、また「変更を保存」をクリックです。

画像認証

ログインページにおいて、デフォルトの「ユーザーID」と「パスワード」に加えて、「画像認証」を追加できる機能です。「ブルートフォースアタック(IDとパスワードを手あたり次第入力して不正アクセス・ログインを試行する攻撃)」に対して有効です。

SiteGuard > 画像認証 をクリックします。

「画像認証」のON・OFF選択:デフォルトの「ON」のままです。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

siteguard-wp-plugin_07

画像はクリックで拡大されます

忘れずに「変更を保存」をクリックします。

ログインロック

「ログインロック」とは、指定した期間内に、指定した回数ログインエラーがあった場合、指定したロック時間、ログインの試行をロックできる機能です。

SiteGuard > ログインロック をクリックします。

「ログインロック」のON・OFF選択:不正アクセス・ログイン対策をより強化するのであれば「ON」のままがおすすめです。

そのほかの項目:それぞれ任意の選択をします。

siteguard-wp-plugin_08

画像はクリックで拡大されます

「変更を保存」をクリックします。

ログインアラート

「ログインアラート」とは、管理画面へのログインがあるたびに、管理者へメール通知が届く仕組みです。

SiteGuard > ログインアラート をクリックします。

「ログインアラート」のON・OFF選択:任意でOKです。私はあえて「OFF」にしています。その理由は、自分がWordPressにログインする頻度を考えると、その度にメール通知が来て確認していたらキリがないからです。

siteguard-wp-plugin_09

画像はクリックで拡大されます

「変更を保存」をクリックします。

そのほかの設定

上記以外の項目については、特にこだわりがなければデフォルトのままでOKです。

気になる場合は、各項目を開くと説明が載っています。

「SiteGuard WP Plugin」の基本的な設定方法と使い方については以上です♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2018 All Rights Reserved.