ps-auto-sitemap-setting

WordPressブログ運営

PS Auto Sitemapとは?使い方と設定方法【ユーザーサイトマップ作成・WordPressプラグイン】

更新日:

この記事では、

  • WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」とは?
  • 「PS Auto Sitemap」の導入方法(インストールと有効化)
  • 「PS Auto Sitemap」の使い方と設定方法(ユーザーサイトマップの作成)

この3点について、わかりやすく見ていきます。ちなみに「PS Auto Sitemap」は通常無料のプラグインです。

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

はじめに

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などにより、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任でお願いいたします。

【関連記事】⇒BackWPUpの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」とは?

「PS Auto Sitemap」は、ユーザーサイトマップを簡単に作成できるプラグインです。

簡易的なサイトマップではなく、質の高いデザインでバリエーションも豊富です。

当ブログ『MAL LiFE LOG』のサイトマップページも、この「PS Auto Sitemap」を使って作成しています。

主な特徴

  • サイトマップの作成が簡単にできる。
  • デザインの質が高く、種類も豊富。
  • 除外したいカテゴリーやページ、表示項目を選択できる。

そもそも「サイトマップ」は大きく次の2種類に分けられ、この2つはまったく異なるものとなります。

サイトマップの種類

  • 読者のためのサイトマップ ⇒ サイト上で見かける、いわゆるサイトマップのこと。「HTMLサイトマップ」とも言います。
  • 検索エンジンのためのサイトマップ ⇒ サイト上には表示されないサイトマップのこと。「XMLサイトマップ」とも言います。

【関連記事】⇒【WordPress】XMLサイトマップとは?設定方法と送信方法【Google・Bing】

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「PS Auto Sitemap」の導入方法(インストールと有効化)

普通に「インストールと有効化」をするだけなので、わかる場合は飛ばしてください♪

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_01

画像はクリックで拡大されます

検索欄に「PS Auto Sitemap」と入力します。

「PS Auto Sitemap」が表示されますので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_02

画像はクリックで拡大されます

インストールと有効化はこれでOKです♪

「PS Auto Sitemap」の使い方と設定方法(ユーザーサイトマップの作成)

大きく次のような流れになります。

  1. 「ショートコード」をコピー
  2. 「ショートコード」を貼り付け
  3. 「ページID」の入力と、基本的な設定

【サイトマップ作成手順1】「ショートコード」をコピー

WordPress管理画面 > 設定 > PS Auto Sitemap をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_18

画像はクリックで拡大されます

設定画面を一番下までスクロールします。

「ご利用方法」の項目に表示されているショートコード <!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->  をコピーしておきます。

※コピーの方法は、コピーしたい範囲を選択した状態で キーボード「Ctrl」+「C」 です。

ps-auto-sitemap-setting_19

画像はクリックで拡大されます

【サイトマップ作成手順2】ショートコードを貼り付け

WordPress管理画面 > 固定ページ > 新規追加 をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_03

画像はクリックで拡大されます

固定ページのタイトル欄に、「サイトマップ」など任意の名前を入力します。

本文欄をどこでもいいのでクリックします(タイトル欄を入力したらすぐがおすすめです)。

タイトル欄のすぐ下に「パーマリンク」が表示されますので、「編集」をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_04

画像はクリックで拡大されます

パーマリンクを、必要に応じて任意のワードに修正します(画面例では、シンプルに「sitemap」に設定しています)。

ps-auto-sitemap-setting_05

画像はクリックで拡大されます

【関連記事】⇒パーマリンクとは?理想的なWordPressパーマリンク・スラッグの設定方法【初心者向け】

画面右上のエディタタイプを「テキスト」に切り替えます(クリックすればOKです)。

本文欄に、先ほどコピーしておいたショートコード <!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT --> を貼り付けます。

※貼り付け方法は、貼り付けたい場所をクリックしてから キーボード「Ctrl」+「V」 です。

ps-auto-sitemap-setting_06

画像はクリックで拡大されます

画面右上の「公開」をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_07

画像はクリックで拡大されます

【サイトマップ作成手順3】「ページID」の入力と、基本的な設定

WordPress管理画面 > 固定ページ > 固定ページ一覧 をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_08

画像はクリックで拡大されます

先ほど作成したサイトマップページのタイトル名(↓の画面例では「サイトマップ」)にカーソルを合わせます。

※クリックはしません。カーソルを合わせるだけで大丈夫です。

↓↓↓ の画面のように、画面下部にURLの文字列が表示されます。

URL文字列のうち、「post=〇〇〇&action」の 〇〇〇 の数字部分が、この固定ページの「ページID」です。

この「ページID」はこのあとすぐ使うので、覚えておきます。

ps-auto-sitemap-setting_09

画像はクリックで拡大されます

WordPress管理画面 > 設定 > PS Auto Sitemap をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_10

画像はクリックで拡大されます

基本的な設定についてです♪

「サイトマップを表示する記事」:先ほどチェックした「ページID」を入力します。

「スタイルの変更」:実際に表示されるサイトマップのデザインを決められます。色々試してみるといいかもしれません。

「キャッシュの使用」:任意ですが、私はチェックを外しています(理由は、ほかのキャッシュ系プラグインとの干渉によるエラーを防ぐためです)。

最後に「変更を保存」をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_11

画像はクリックで拡大されます

そのほかの項目については ↓↓↓ をご参考にどうぞ♪

  • ホームページの出力:サイトマップ一番上にトップページの項目が表示されます。
  • 投稿リストの出力:記事ページ一覧が表示されます。
  • 固定ページリストの出力:固定ページ一覧が表示されます。
  • 出力階層制限:カテゴリーの階層を何段階まで表示するかを指定できます(親カテゴリー・子カテゴリー・孫カテゴリー…など)
  • 先に出力するリスト:一覧の並び順を指定できます。
  • カテゴリーと投稿の表示:同一ページに両方のリストを表示するかどうかを指定できます。
  • 除外カテゴリ:表示したくないカテゴリーを指定できます。指定するにはカテゴリーIDを入力します。例:5と10と200の場合「5,10,200」。
  • 除外記事:表示したくない記事を指定できます。指定するにはページIDを入力します。例:5と10と200の場合「5,10,200」。

続いて、この「サイトマップ」をサイト内の好きな場所に設置していきましょう♪(次パートです)

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「ユーザーサイトマップ」をトップページに設置する方法

WordPress管理画面 > 外観 > メニュー をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_12

画像はクリックで拡大されます

編集するメニューを選択します。メニューの編集が初めての場合、その右側に表示されている「新規メニューを作成」をクリックします。

画面左側の「固定ページ」をクリックして開きます(最初から開いている場合、そのままでOKです)

「サイトマップ」にチェックを入れます。

「メニューに追加」をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_13

画像はクリックで拡大されます

編集中のメニューにおいて、「メニュー構造」の中に「サイトマップ」が追加されたことを確認します(順番を変えたい場合、ドラッグ&ドロップで入れ替えます)。

※「ドラッグ」はクリックを押しっ放し、「ドロップ」はクリックを放すことです。

画面下部の「メニュー設定」から、今「メニュー構造」で表示されているメニュー内容を実際に設置させたい場所を選択します。

※導入しているWordPressテーマによって、設置できる場所の選択肢は異なります。↓↓↓ の画面例では、WordPress有料テーマ「AFFINGER4」を導入しているため選択肢が豊富になっています。

画面右上に表示されている「メニューを保存」をクリックします。

ps-auto-sitemap-setting_14

画像はクリックで拡大されます

「PS Auto Sitemap」の基本的な使い方と設定方法(ユーザーサイトマップの作成)は以上です。

おしまい♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2018 All Rights Reserved.