plugin-list

WordPressブログ運営

初心者におすすめしたいWordPressプラグインは、この17個です【設定方法・使い方】

更新日:

「WordPressブログで、初心者の自分にもおすすめなプラグインが知りたいな」

WordPressのブログ運営において、プラグインは必須ツールですよね。でもたくさんありすぎて、実際どれを導入すればいいか迷う人も多いと思います。

またプラグインはたくさん入れすぎても、サイトの動作が重たくなる原因になったり管理も大変です。

この記事では、

  • 「初心者におすすめしたいWordPressプラグイン17個」

を紹介していきます。

いずれも使い方が簡単で、メジャーなプラグインばかりです。また僕自身も、初心者のころから愛用しているものばかりです。さっそく見ていきましょう(^^)

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

はじめに

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などにより、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任でお願いいたします。

【関連記事】⇒BackWPUpの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」で、WordPress不正ログイン対策

「SiteGuard WP Plugin」は、WordPress管理画面への「不正ログイン対策」として代表的なプラグインです。

主な特徴・機能は次の通りです。

  • WordPress管理画面のログインページURLの末尾を、(第三者に特定されづらい)任意の文字列に変更できる。
  • ログイン時に、「画像認証」の項目が加わる。
  • 指定した回数の連続ログインエラーがあった場合、指定した時間ログイン試行をロックできる。

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」についてまとめています ↓↓↓

siteguard-wp-plugin
SiteGuard WP Pluginの設定方法と使い方を優しく解説【不正ログイン対策・WordPressプラグイン】

続きを見る

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

プラグイン「All in One SEO Pack」で、WordPressのSEO対策

「All in One SEO Pack」は、基本的な「SEO」に関わる設定を一括管理できるプラグインです。

主な機能は次の通りです。

  • サイトの基本設定
  • 「アクセス解析ツール」登録の際に必要な認証
  • 「XMLサイトマップ」の生成
  • 「SNS(Facebook、Twitter)」のメタ設定

「WordPress」とこの「All in One SEO Pack」はセットと言っても過言ではないくらい、超メジャーなプラグインです。

プラグイン「All in One SEO Pack」についてまとめています ↓↓↓

all-in-one-seo-setting
【2018】All in One SEO Packとは?設定方法を優しく解説します【WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「BackWPUp」で、WordPressバックアップ

「BackWPUp」は、WordPressブログにおける「記事データ」や「画像ファイル」などのバックアップをまとめて簡単に行えるプラグインです。

主な特徴・機能は次の通りです。

  • 自動バックアップなので、一度設定してしまえばあとはラクチン。
  • 自動バックアップの頻度や曜日、時間帯まで指定できる。
  • 「(記事などの)データベース」はこの設定、「(画像などの)ファイル」はこの設定、といったように個別で設定できる。

プラグイン「BackWPUp」についてまとめています ↓↓↓

back-wp-up-setting
BackWPupの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

続きを見る

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

プラグイン「WebSub/PubSubHubbub」で、WordPress記事をインデックス

インデックスとは、検索エンジンがページの存在や更新情報を認識することを言います。

そもそも投稿した記事は、Googleなどの検索エンジンに「インデックス(認識)」されることで、検索結果に反映されるようになります。

「WebSub/PubSubHubbub」は、検索エンジンに投稿記事URLをリアルタイムに通知することで、素早くインデックスできるプラグインです。

名前はとっても複雑(ウェブサブ・パブサブハブバブ)ですが、使い方は「有効化」するだけ。超簡単です。

WordPressにおける「インデックス対策」として、僕は次の2つの方法をおすすめしています(併用)。

  • 記事を投稿するごとに、Googleサーチコンソールの「Fetch as Google」
  • プラグイン「WebSub/PubSubHubbub」で自動化

プラグイン「WebSub/PubSubHubbub」についてまとめています ↓↓↓

websub-pubsub-hubbub-setting
WebSub/PubSubHubbubとは?導入方法と使い方【インデックス対策・WordPressプラグイン】

続きを見る

【関連記事】⇒Fetch as Googleとは?基本的な使い方を優しく解説【WordPressインデックス対策】

プラグイン「WP Multibyte Patch」で、WordPress文字化け対策

日本語版のWordPress(日本で使われている一般的なWordPress)では、文字化けエラーと言う問題があります。

「WP Multibyte Patch」は、「全角文字の認識エラー(主に文字化け)」をまとめて解決できるプラグインです。

次のようなシーンで活躍します。

  • 検索の際の、スペース入力に伴うエラー
  • メール入力に伴うエラー
  • 文字数カウントに伴うエラー
  • トラックバックに伴うエラー
  • ピンバックに伴うエラー

よくわからない場合も、「WordPressブログの文字化け対策で、とりあえず有効化しておけばOK!」くらいに捉えておけば大丈夫だと思います。

WordPress標準装備のプラグインなので、メジャーで信頼性も高いです。

プラグイン「WP Multibyte Patch」についてまとめています ↓↓↓

wp-multibyte-patch-setting
WP Multibyte Patchとは?導入方法と使い方【文字化け対策・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「Akismet Anti-Spam」で、WordPressスパムコメント対策

「Akismet Anti-Spam」は、WordPressブログで生じる「スパムコメント」や「スパムトラックバック」対策として活躍します。

スパムとは、いわゆる迷惑メールと同じようなものです。

「Akismet Anti-Spam」は、コメント欄に寄せられる「スパムコメント」を自動判別して、スパム専用のフォルダへ自動で振り分けてくれます。

こちらも、WordPressに標準装備されているメジャーなプラグインなので、信頼性◎です(機能させるには、「有効化」と一部設定があります)。

プラグイン「Akismet Anti-Spam」についてまとめています ↓↓↓

akismet-anti-spam-setting
Akismet Anti-Spamとは?登録設定の方法を優しく解説【スパム対策・WordPressプラグイン】

続きを見る

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

プラグイン「Throws SPAM Away」で、WordPress外国語スパム対策

「Throws SPAM Away」は、日本語を全く含まない「外国語コメント」をスパム判定して自動的にはじき ”何事もなかったように” 処理してくれるプラグインです。

スパム対策プラグインとして、僕は次の2つのプラグインを併用しています。

  • 「Akismet Anti-Spam」
  • 「Throws SPAM Away」

プラグイン「Throws SPAM Away」についてまとめています ↓↓↓

throws-spam-away-setting
Throws SPAM Awayとは?導入方法と使い方【外国語スパム対策・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「WP Fastest Cache」で、WordPressキャッシュ管理

キャッシュとは、「ページを表示するために必要な情報」をスムーズに読み込むために、あらかじめまとめられたデータです。

以前の読み込み時の内容を記憶したりすることで、このデータは用意されます。

「キャッシュ管理」を活用することで、サイトの表示スピードを速くすることができます。

そして代表的なキャッシュ系プラグインの一つが、「WP Fastest Cache」です。主な特徴・機能は次の通りです。

  • 設定画面が日本語に対応しており、わかりやすい。
  • 「キャッシュ」の有効・無効の切り替えを、クリック一つで簡単に行える(万が一のキャッシュに伴うエラー、トラブル時にも対応しやすい)。
  • 手動のキャッシュ削除も、クリック一つで簡単。

プラグイン「WP Fastest Cache」についてまとめています ↓↓↓

wp-fastest-cache-setting
WP Fastest Cacheとは?設定方法と使い方【キャッシュの管理と削除・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「Table of Contents Plus(TOC+)」で、WordPress記事目次を自動作成

「Table of Contents Plus(TOC+)」は、記事内の「見出し」をもとに、目次を自動作成してくれるプラグインです。

主な特徴・機能は次の通りです。

  • 各記事の「見出しタグ」から目次を自動作成して表示してくれる。
  • 目次内容に反映させる「見出しタグ」の段階を指定できる(例:「H2タグ」~「H4タグ」まで、など)
  • 目次を自動表示させる場所も指定できる。
  • ページが表示された際の目次表示を、「すべて開かれた状態にする」か「目次タイトル以外が閉じられた状態にする」かを選択できる。
  • 目次の文字色や背景色も簡単にカスタマイズできる。

プラグイン「Table of Contents Plus(TOC+)」についてまとめています ↓↓↓

toc-plus-setting
Table of Contents Plus(TOC+)とは?設定方法と使い方【目次作成・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「PS Auto Sitemap」で、WordPressユーザーサイトマップを自動作成

WordPressブログでは、読者にサイト内の階層構造を一目で伝えるためのページとして、「サイトマップ」を作成しておくと便利です。

例えるなら、「商業施設のガイドブック」のようなものと言えます。

ちなみに、そもそも「サイトマップ」とは、次の2つにわけられます。

  • ユーザー(読者)のためのサイトマップ ⇒ サイト上で見かける、いわゆるサイトマップのこと。「HTMLサイトマップ」とも言います。
  • 検索エンジンのためのサイトマップ ⇒ サイト上には表示されないサイトマップのこと。「XMLサイトマップ」とも言います。

「PS Auto Sitemap」は、ユーザー(読者)のためのサイトマップを簡単に作成できるプラグインです。

簡易的なサイトマップではなく、質の高いデザインでバリエーションも豊富です。

当ブログ『MAL LiFE LOG』のサイトマップも、この「PS Auto Sitemap」を使って作成しています。

主な特徴・機能は次の通りです。

  • サイトマップの作成が簡単にできる。
  • デザインの質が高く、種類も豊富。
  • 除外したいカテゴリーやページ、表示項目を選択できる。

プラグイン「PS Auto Sitemap」についてまとめています ↓↓↓

ps-auto-sitemap-setting
PS Auto Sitemapとは?使い方と設定方法【ユーザーサイトマップ作成・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「Simple Image Widget」で、WordPressプロフィールを挿入

「Simple Image Widget」は、トップページに画像を貼り付けてテキスト(文章)を添えられるプラグインです。

ストレートに表すと、「プロフィールの作成と設置」に最適なプラグインと言えます。

例えば、こんなプロフィールが簡単に作れます ↓↓↓

simple-image-widget-setting_08

画像はクリックで拡大されます

 

プラグイン「Simple Image Widget」についてまとめています ↓↓↓

simple-image-widget-setting
Simple Image Widgetとは?基本的な使い方【プロフィール作成・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「Contact Form 7」で、WordPressお問い合わせフォームを作成

「Contact Form 7」は、「お問い合わせフォーム」を作成できる代表的なプラグインです。

例えばこんな感じです ↓↓↓

画像はクリックで拡大されます

 

当ブログ『MAL LiFE LOG』のお問い合わせフォームも、この「Contact Form 7」を使って作成しています。

プラグイン「Contact Form 7」についてまとめています ↓↓↓

contact-form-7-setting
Contact Form 7とは?使い方を優しく解説【お問い合わせフォーム・WordPressプラグイン】

続きを見る

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

プラグイン「Pixabay Images」で、著作権フリー画像を取得

著作権フリーの画像などを取得できるサービス「Pixabay」。

「Pixabay Images」は、「Pixabay」のWordPressバージョンと言えるプラグインです。

「Pixabay Images」により取得した画像は、商用利用も含めて「著作権による制限」を受けることなく使用することができます。

主な特徴は次の通りです。

  • 画像の種類が豊富。
  • 日本語検索にも対応。
  • 画像の検索から取得(アップロード)、記事内への挿入までが超簡単。
  • かなりメジャーなプラグインなので、安心。

プラグイン「Pixabay Images」についてまとめています ↓↓↓

pixabay-images-setting
Pixabay Imagesとは?設定方法と使い方【著作権フリー画像取得・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「EWWW Image Optimizer」で、WordPress画像を自動圧縮

ブログ運営を続けていると、サーバーの空き容量がだんだん圧迫されてきます。

特に容量を食っているのが画像です。

「EWWW Image Optimizer」は、WordPressにアップロードした画像の「ファイルサイズ」を、自動で圧縮してくれるプラグインです。

プラグイン「EWWW Image Optimizer」についてまとめています ↓↓↓

ewww-image-optimizer-setting
EWWW Image Optimizerとは?設定方法と使い方【画像圧縮・WordPressプラグイン】

続きを見る

【関連記事】⇒jpg・png・gifとは?もう迷わない!画像ファイル形式の違いと選び方【初心者向け】

プラグイン「Imsanity」で、WordPress画像を自動リサイズ

「Imsanity」は、WordPressに画像をアップロードする度に、自動的に指定した大きさに「リサイズ」できるプラグインです。

「リサイズ」とは…

記事などに挿入する画像の「画質(解像度)」に直結する、「ピクセル数」を調整することを言います。

この「Imsanity」は、「インストールと有効化」だけで自動的に機能してくれます。また、好みのサイズに指定したりすることもできます。

プラグイン「Imsanity」についてまとめています ↓↓↓

imsanity-setting
Imsanityとは?設定方法と使い方【画像リサイズ・WordPressプラグイン】

続きを見る

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

プラグイン「Broken Link Checker」で、WordPressリンク切れを自動チェック

「Broken Link Checker」は、記事などに挿入した「リンク切れ(リンクエラー)」を自動でチェックして知らせてくれるプラグインです。

「リンク切れ」とは…

リンク先のページがWEB上に存在しておらず、機能していない状態のリンクを言います。

「Broken Link Checker」は、「どの記事の、どのリンクがリンク切れになっているのか?」というところまで通知してくれます。

そのため「エラーになっているリンクの削除や訂正」を素早く簡単に行えるのも、この「Broken Link Checker」の魅力です。

プラグイン「Broken Link Checker」についてまとめています ↓↓↓

broken-link-checker-setting
Broken Link Checkerとは?設定方法と使い方【リンクエラーチェック・WordPressプラグイン】

続きを見る

プラグイン「TinyMCE Advanced」で、WordPressビジュアルエディタを拡張

「TinyMCE Advanced」は、記事編集の画面における「ビジュアルエディタ」の機能ボタンを簡単に拡張できるプラグインです。

tinymce-advanced-setting_15

主な特徴は次の通りです。

  • 「ビジュアルエディタ」の機能ボタンを格段に増やすことができる。
  • 機能ボタンは増やすだけではなく、使うボタンだけに絞って配置も自由に決められる。

プラグイン「TinyMCE Advanced」についてまとめています ↓↓↓

tinymce-advanced-setting
TinyMCE Advancedの設定方法と使い方【ビジュアルエディタ拡張・WordPressプラグイン】

続きを見る

以上、初心者におすすめなWordPressプラグイン17個でした。

おしまい♪

【関連記事】⇒「このプラグインには有効なヘッダーがありません」というエラーの対処方法【WordPressプラグイン】

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2018 All Rights Reserved.