fetch-as-google-index

WordPressブログ運営

Fetch as Googleとは?基本的な使い方を優しく解説【WordPressインデックス対策】

更新日:

「Fetch as Googleがブログ記事のインデックス対策に便利って聞いたけど、どんなものなのか知りたいな」

「Fetch as Googleの基本的な使い方も知りたいな」

Fetch as Googleは、ブログ運営において必須と言っても過言ではないくらい便利なツールです。

この記事では、

  • 「Fetch as Google」とは?
  • 「Fetch as Google」の基本的な使い方(クロール要請手順)

この2点について、わかりやすく見ていきます。

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

「Fetch as Google」とは?

「Fetch as Google」は、Googleの無料アクセス解析ツール「Google サーチコンソール」の機能の一つです。

この「Fetch as Google」を使うことで、

  • 好きなタイミングで
  • 好きなページを

Googleにクロール要請することができます。

「クロール」とは、ページの投稿・更新情報を検索エンジンがインデックス(認識)するために、検索エンジンのシステムがWEB上のページを巡回することを言います。

「Fetch as google」は、Googleに対して「こんな記事を投稿・更新したから、その情報を早く認識(インデックス)してほしいので、ページを見に来てね」とクロールを要請することができます。

ちなみにインデックスの手段は、この「Fetch as Google」のほかにも

  • プラグインの導入
  • Ping送信

など、いくつかあります。

ただし、「Fetch as Google」は

  • 最速(おそらく)のクロール要請ができる
  • 自分の好きなタイミングで、好きなページをクロール要請できる

この2つの点で、最も優れたインデックス手段の一つだという見方が強い印象です。

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「Fetch as Google」でクロール要請する手順

【はじめに】「Google サーチコンソール」を使います。導入方法は ↓↓↓ をどうぞ♪

Googleサーチコンソールとは?登録・設定方法を優しく解説【アクセス解析・WordPress】

「Google サーチコンソール」にアクセスしてログインします。

左側のダッシュボードメニュー > クロール > Fetch as Google をクリックします。

fetch-as-google-index_01

画像はクリックで拡大されます

「Fetch as Google」のページが表示されます。

入力欄に、クロールを要請したいページのパーマリンク(URLの末尾)を入力します。このとき、最後に「 / 」(スラッシュ)も忘れずに入力します。

例:https://〇〇〇〇〇.com/fetch-as-google-index/ オレンジ色のところが入力する部分

記事ページごとのURLは、記事編集画面の上部に表示されています。

ブログのトップページをクロール要請したい場合は、空欄のままにします。

「PC」という選択欄を開くと、「PC」と「モバイル:スマートフォン」のいずれかを選択できます。

若干手間ですが、私は毎回「PC」と「モバイル:スマートフォン」の両方を「Fetch as Google」しています。

「取得」をクリックします。

fetch-as-google-index_02

画像はクリックで拡大されます

「ステータス」の項目が「完了」となっていれば、正常に取得できています。

次に、その右側の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

fetch-as-google-index_03

画像はクリックで拡大されます

「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

fetch-as-google-index_04

画像はクリックで拡大されます

「このURLのみをクロールする」を選択します。

「送信」をクリックします。

fetch-as-google-index_05

画像はクリックで拡大されます

「インデックス登録をリクエスト済み」の表示に切り替わればOKです。

fetch-as-google_05

画像はクリックで拡大されます

これで「Fetch as Google」でのクロール要請はOKです。

実際にクロールされるまでの時間は多少ばらつきがありますが、早くて数分~数十分、遅くても数時間くらいと言われています。

ちなみに…

1日にできる「Fetch as Google」の回数は限られているようです。

僕の経験上、おそらく24時間以内に使える回数は11回だと思います(確証はもてません、、)。それ以上やろうとすると、エラーになります。

そして24時間経つと制限回数がリセットされる、といった流れのようです。

もう1点…

「取得してレンダリング」という項目をクリックすると、Googleのクロールシステム「Googlebot」が対象のページをどのように取得・認識しているのかを見ることができます(はじめのうちは特に気にしなくても良いかなと思います)。

「Fetch as Google」の基本的な使い方については以上です。

おしまい♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2018 All Rights Reserved.