back-wp-up-setting

WordPressブログ運営

BackWPupの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

更新日:

この記事では、

  • WordPressプラグイン「BackWPup」とは?
  • 「BackWPup」の導入方法(インストールと有効化)
  • 「BackWPup」の基本的な設定方法と使い方

この3点について、わかりやすく見ていきます。ちなみに「BackWPup」は通常無料のプラグインです。

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

はじめに

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などにより、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任でお願いいたします。

WordPressプラグイン「BackWPup」とは?

「BackWPup」は、WordPressブログにおける

  • 記事データ
  • 画像ファイル

などのバックアップをまとめて簡単に行えるプラグインです。

主な特徴は次のようになります。

  • 自動バックアップなので、一度設定してしまえばあとはラクチン。
  • 自動バックアップの頻度や曜日、時間帯まで指定できる。
  • 「(記事などの)データベース」はこの設定、「(画像などの)ファイル」はこの設定、といったように個別で設定できる。

バックアップ系のプラグインとしては非常にメジャーだと思います。

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「BackWPup」の導入方法(インストールと有効化)

普通に「インストールと有効化」をするだけなので、わかる場合は飛ばしてください♪

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 をクリックします。

back-wp-up-setting_01

画像はクリックで拡大されます

検索入力欄に「BackWPup」と入力します。

プラグイン「BackWPup」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリックします。

back-wp-up-setting_02

画像はクリックで拡大されます

これでインストールと有効化はOKです♪

「BackWPup」の設定方法 ~全体の流れ~

backwpup-setting

大きく次の2つにわかれます。

  • 画像ファイルなどの「ファイル系バックアップ」設定
  • 記事データなどの「データベース系バックアップ」設定

さっそく見ていきましょう♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「ファイル系バックアップ」の設定手順

WordPress管理画面 > BackWPup > 新規ジョブを追加 をクリックします。

back-wp-up-setting_03

画像はクリックで拡大されます

ここからは、次の4つのタブにわけてそれぞれ設定していきます。

  • ファイル系バックアップ:「一般」タブ
  • ファイル系バックアップ:「スケジュール」タブ
  • ファイル系バックアップ:「ファイル」タブ
  • ファイル系バックアップ:「宛先:フォルダー」タブ

back-wp-up-setting_04

ファイル系バックアップ「一般」タブの設定

「一般」タブをクリックします。

「このジョブの名前」:「file_backup」と入力します(ここは任意ですが、この名称が一番わかりやすいです)。

「このジョブは…」:「ファイルのバックアップ」のみにチェックを入れ、他はチェックを外します。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

back-wp-up-setting_05

画像はクリックで拡大されます

「アーカイブ形式」:「Tar GZip」を選択します。

「バックアップファイルの保存方法」:「フォルダーへバックアップ」のみを選択します。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_06

画像はクリックで拡大されます

これで、ファイル系バックアップ「一般タブ」の設定はOKです。

ファイル系バックアップ「スケジュール」タブの設定

「スケジュール」タブをクリックします。

「ジョブの開始方法」:「WordPressのcron」を選択します(cronは「自動で実行する」という意味です)。

「スケジューラー」:「毎週」を選択します。曜日と時間は、デフォルトのままです。

バックアップは少なからずサーバーに負担をかけるため、アクセスが最も少ない時間がベストです。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

忘れずに「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_07

画像はクリックで拡大されます

これで、ファイル系バックアップ「スケジュール」タブの設定はOKです。

ファイル系バックアップ「ファイル」タブの設定

ここはすべてデフォルトのままです。

back-wp-up-setting_08

ファイル系バックアップ「宛先:フォルダー」タブの設定

「宛先:フォルダー」タブの設定です。

「バックアップを格納するフォルダー」:「uploads/file_backup/」と入力します(ここは任意ですが、この名称が一番分かりやすいです)。

「ファイルを削除」:デフォルトのままです。

忘れずに「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_09

画像はクリックで拡大されます

これで、ファイル系バックアップ「宛先:フォルダー」タブの設定はOKです。

最後に、ここまでの一連の「ファイル系バックアップ」設定を反映させるために、「今すぐ実行」をクリックします。

back-wp-up-setting_10

画像はクリックで拡大されます

続いて、「データベース系バックアップ」です。

流れは基本一緒なので簡単です♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

「データ系バックアップ」の設定手順

WordPress管理画面 > BackWPup > 新規ジョブを追加 をクリックします。

back-wp-up-setting_11

画像はクリックで拡大されます

今度は次の5つのタブにわけて、それぞれ設定していきます。

  • データ系バックアップ:「一般」タブ
  • データ系バックアップ:「スケジュール」タブ
  • データ系バックアップ:「DBバックアップ」タブ
  • データ系バックアップ:「プラグイン」タブ
  • データ系バックアップ:「宛先:フォルダー」タブ

データ系バックアップ「一般」タブの設定

「一般」タブをクリックします。

「このジョブの名前」:「data_backup」と入力します(ここは任意ですが、この名称が一番わかりやすいです)。

「このジョブは…」:「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れ、そのほかはチェックを外します。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

back-wp-up-setting_12

画像はクリックで拡大されます

「アーカイブ形式」:「Tar GZip」を選択します。

「バックアップファイルの保存方法」:「フォルダーへバックアップ」のみにチェックを入れます。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_13

画像はクリックで拡大されます

これで、データ系バックアップ「一般」タブの設定はOKです。

データ系バックアップ「スケジュール」タブの設定

「スケジュール」タブをクリックします。

「ジョブの開始方法」:「WordPressのcron」を選択します(自動で実行するという意味です)。

「スケジューラー」:デフォルトのままです。

「記事などのデータ」は「画像などのファイル」と比べてサイズが小さいため、「毎日」のバックアップ頻度でも容量はそこまで圧迫されないためです。「記事データ」のバックアップはそれだけ重要となります。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_14

画像はクリックで拡大されます

これで、データ系バックアップ「スケジュール」タブの設定はOKです。

データ系バックアップ「DB バックアップ」タブの設定

「DBバックアップ」タブをクリックします。

「バックアップファイルの圧縮」:「GZip」を選択します。

そのほかの項目:デフォルトのままです。

「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_15

画像はクリックで拡大されます

これで、データ系バックアップ「DBバックアップ」タブの設定はOKです。

データ系バックアップ「プラグイン」タブの設定

ここはすべてデフォルトのままです。

back-wp-up-setting_16

データ系バックアップ「宛先:フォルダー」タブの設定

「宛先:フォルダー」タブをクリックします。

「バックアップを格納するフォルダー」:「uploads/data_backup/」と入力します(任意ですが、これが一番わかりやすいです)。

「ファイルを削除」:デフォルトのままです。

忘れずに「変更を保存」をクリックします。

back-wp-up-setting_17

画像はクリックで拡大されます

これで、データ系バックアップ「宛先:フォルダー」タブはOKです。

最後に、ここまでの一連の「データ系バックアップ」設定をすべて反映させるために、「今すぐ実行」をクリックします。

back-wp-up-setting_18

画像はクリックで拡大されます

これで、基本的なバックアップ設定は一通りOKです♪

最後に、バックアップ設定が正常に完了しているかどうか確認します( ↓↓↓ 次パートへどうぞ)。

バックアップ設定のステータス確認

WordPress管理画面 > ログ をクリックします。

back-wp-up-setting_19

画像はクリックで拡大されます

先ほど作った「file_backup」と「data_backup」それぞれのステータスが、「正常終了」と表示されていればOKです。

back-wp-up-setting_20

画像はクリックで拡大されます

「BackWPup」の基本的な設定方法と使い方については以上です。

おしまい♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2018 All Rights Reserved.