all-in-one-seo-xml-sitemap

WordPressブログ運営

【WordPress】XMLサイトマップとは?設定方法と送信方法【Google・Bing】

更新日:

「XMLサイトマップって何?ふつうのサイトマップとは違うの?」

「WordPressでのXMLサイトマップの設定と送信の手順を、1から知りたいな」

XMLサイトマップは、いわゆるサイトマップと違ってユーザー(読者)の目に触れるものではありません。

ただしGoogleなど検索エンジンにサイト構造をスムーズに伝えるために、このXMLサイトマップはとても重要となります。

この記事では、

  • XMLサイトマップとは?どんな役割があるの?
  • WordPressにおける、XMLサイトマップの設定手順(プラグイン「All in One SEO Pack」を使用)
  • Googleへのサイトマップ送信手順(アクセス解析ツール「Googleサーチコンソール」を使用)
  • Bingへのサイトマップ送信手順(アクセス解析ツール「Bing Webマスターツール」を使用)

この4点について、わかりやすく見ていきます。

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

はじめに

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などにより、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任でお願いいたします。

【関連記事】⇒BackWPUpの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

「XMLサイトマップ」とは?どんな役割があるの?

まず「サイトマップ」は次の2種類にわけられ、まったく別のものとなります。

  • HTMLサイトマップ:サイトを訪れた「ユーザー(読者)」のためのもの(サイトでよく見かける、いわゆるサイトマップ)
  • XMLサイトマップ:「Googleなどの検索エンジン」のためのもの

「XMLサイトマップ」は、Googleなどの検索エンジンに対して、サイト内のページをリストアップして伝えるためのファイルです。

つまり、こんなイメージです。

  • 「私が作ったサイトはこういうカテゴリーに分かれてて、こんなページとかこんなページがあって…」といったサイトの構成。
  • その構成を、「XMLサイトマップ」というファイルにする。
  • そのファイルで、サイトの構成を検索エンジンにわかりやすく伝える。

そもそもサイトや記事は、Googleなどの検索エンジンに「インデックス(認識)」されることで、検索結果に反映されます。

特にサイト開設したての頃は、まずGoogleにインデックスしてもらうための「何らかのアクション」が必要となります。

Googleは、「Googlebot(クローラーとも言います)」というシステムをWEB上で巡回させることで、何十億とある膨大なページをチェックしています。これを「クロール」と言います。

XMLサイトマップは、「Googlebot」がいざクロールに来てくれた際にサイト構成を整理して分かりやすく伝える役割があります。

つまり…

  • XMLサイトマップを設定する。
  • そうすることで、サイトの構成が「Googlebot」にわかりやすく整理されて伝わる。
  • そうすることで、サイト内での「Googlebot」の回遊性が良くなる。

その結果…

  • 更新情報を素早く認識してもらえる。
  • 1回のクロールで、よりたくさんのページを認識してもらえる。

このようなメリットにつながると言われています。

wing_300_blog

「XMLサイトマップ」の設定方法(「All in One SEO Pack」を使用)

はじめに…

プラグイン「All in One SEO Pack」を使用します。導入方法は ↓↓↓ をどうぞ♪

【2018】All in One SEO Packとは?設定方法を優しく解説します【WordPressプラグイン】

それでは「XMLサイトマップ」の設定手順です。

WordPress管理画面 > All in One SEO > 機能管理 をクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_01

画像はクリックで拡大されます

「XMLサイトマップ」の「Activate」をクリックします(「有効化」という意味です)。

all-in-one-seo-xml-sitemap_02

画像はクリックで拡大されます

WordPress管理画面 > All in One SEO > 「XMLサイトマップ」がメニューに追加されているので、クリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_03

画像はクリックで拡大されます

ここからは「XMLサイトマップの設定」画面となります。各設定内容については任意ですが、通常は次のような設定にしておけば問題ないと思います。

「更新を予約」:「毎日」を選択します。

「投稿タイプ」(サイトマップに加えるページの指定):「投稿」と「固定ページ」のみにチェックを入れます。

「タクソノミー」(サイトマップに加えるページの指定):「カテゴリー」のみにチェックを入れます。

「除外カテゴリー」:「未分類」にチェックを入れます(ここは任意です。サイトマップから除外したいカテゴリーにチェックを入れます)。

この ④ ~ ⑦ 以外の項目については、初期設定のままです。

最後に、忘れずに一番下の「サイトマップを更新」をクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_04

画像はクリックで拡大されます

all-in-one-seo-xml-sitemap_05

画像はクリックで拡大されます

all-in-one-seo-xml-sitemap_06

画像はクリックで拡大されます

「サイトマップインデックスを有効化」の項目については、サイトマップに50000以上のURLを持っている場合、チェックを入れます。

相当な大規模サイトでもない限りは、チェックは外したままで問題ありません。

これで、「XMLサイトマップの設定」はOKです。

ただし、XMLサイトマップは設定するだけでなく、検索エンジンに「送信」することで本来の機能を発揮します。

これからその送信手順を見ていきますね♪

代表的な検索エンジンへのXMLサイトマップ送信手順

ここでは、代表的な2つの検索エンジンである

  • 「Google」
  • 「Bing」

に対する「XMLサイトマップ」送信の手順を解説します。

※「Yahoo!」は「Google」と同じ検索システムをベースにしていると言われています。

「Google」へのXMLサイトマップ送信手順(Googleサーチコンソールを使用)

はじめに…

「Googleサーチコンソール」という無料アクセス解析ツールを使います。導入方法は ↓↓↓ をどうぞ♪

Googleサーチコンソールとは?登録・設定方法を優しく解説【アクセス解析・WordPress】

「Googleサーチコンソール」へアクセスし、ログインします。

対象のサイトURLを選択します。

all-in-one-seo-xml-sitemap_07

画像はクリックで拡大されます

左側のメニューから、 クロール > サイトマップ の順にクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_08

画像はクリックで拡大されます

画面右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_09

画像はクリックで拡大されます

URL入力欄に「sitemap.xml」と入力します。

「送信」をクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_10

画像はクリックで拡大されます

「アイテムを送信しました。」という表示が出たら完了です(送信が反映されるまでは、多少時間がかかります)。

all-in-one-seo-xml-sitemap_11

画像はクリックで拡大されます

最後に、サイトマップの送信が反映されているか、一応確認してみます。次の手順です。

画面左側メニューから「サイトマップ」をクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_12

画像はクリックで拡大されます

↓の画像のように「/sitemap.xml」と表示されていれば、反映されています(反映されていなければ、少し時間を置いてから再度見てみます)。

all-in-one-seo-xml-sitemap_13

画像はクリックで拡大されます

これで、「Google」へのXMLサイトマップ送信はOKです♪

続いて、「Bing」へのXMLサイトマップ送信について見ていきます。

「Bing」へのXMLサイトマップ送信手順(Bing Webマスターツールを使用)

はじめに…

「Bing Webマスターツール」という無料アクセス解析ツールを使います。導入方法は ↓↓↓ をどうぞ♪

Bing Webマスターツールとは?登録設定の方法を優しく解説【アクセス解析・WordPress】

「Bing Webマスターツール」にアクセスして、サインインします。

対象のサイトURLを選択します。

all-in-one-seo-xml-sitemap_14

画像はクリックで拡大されます

左側のメニューから、 自分のサイトの設定 > サイトマップ の順にクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_15

画像はクリックで拡大されます

「サイトマップの送信」のURL入力欄に、「(登録するサイトURL)/sitemap.xml」と入力します。

入力例:「http://〇〇〇〇〇.com/sitemap.xml

SSL設定を行っている場合、URLの先頭は「http」ではなく「https」となります。

入力できたら、「送信」をクリックします。

all-in-one-seo-xml-sitemap_16

画像はクリックで拡大されます

これで送信作業はOKです(反映されるまで多少時間がかかります)。

ただし、少し時間を置いてから、先ほどの送信が成功しているか確認しておくことをおすすめします(次の手順です)。

「Bing Web マスターツール」のトップページ > 自分のサイトの設定 > サイトマップ をクリックします。

先ほど送信したURLの項目で、「最終クロール状態」が「成功」と表示されていれば、送信は成功しています。

これで、「Bing Webマスターツール」へのXMLサイトマップ送信はOKです。

wing_300_blog

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2019 All Rights Reserved.