all-in-one-seo-socialmedia

WordPressブログ運営

All in One SEO Packのソーシャルメディア設定方法【初心者向け・WordPressプラグイン】

更新日:

この記事では、

  • WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」で行う、ソーシャルメディア(SNS)設定の方法

について、わかりやすく見ていきます。

初心者向けな内容です。

【この記事の執筆者について】まるといいます。主にブログ・アフィリエイトで生きています。

はじめに

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などにより、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任でお願いいたします。

【関連記事】⇒BackWPUpの設定方法と使い方を優しく解説【バックアップ・WordPressプラグイン】

『All in One SEO Pack』ソーシャルメディア設定① ~はじめに~

私が実際に行っている設定を例に、ご紹介していきます。

好みやスタイルによって、設定の仕方は多少変わってくると思います。

WordPress管理画面 > All in One SEO > 機能管理 をクリックします。

sns-wordpress-blog_01

画像はクリックで拡大されます

ソーシャルメディア > Activate をクリックします。

sns-wordpress-blog_02

画像はクリックで拡大されます

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

ソーシャルメディア設定② ~設定画面を開く~

WordPress管理画面 > All in One SEO > ソーシャルメディア をクリックします。

sns-wordpress-blog_03

画像はクリックで拡大されます

ソーシャルメディア設定③ ~ホームページ設定~

「AIOSEOのTitileとDescriptionを使用する」:チェックを入れます。

「サイト名」:ブログタイトル名を入力します。

「ホーム画像」:「トップページURL」がSNSで共有された際に表示される画像を設定できます。

sns-wordpress-blog_04

画像はクリックで拡大されます

ソーシャルメディア設定④ ~画像設定~

「画像が見つからない場合はデフォルトを使用」:チェックを入れます。SNSで記事が共有された際に、表示させる画像がない場合に「代用で設定した画像を表示させる」ことができます。

「デフォルトのOG:Image」:でチェックを入れた場合に、代用で表示させる画像を設定できます。

「デフォルトの画像幅」:「1200」と入力します。 で設定した画像の幅を指定できます。「1200」は一般的な推奨値です。

「デフォルトの画像高さ」:「630」と入力します。 で設定した画像の高さを指定できます。「630」は一般的な推奨値です。

sns-wordpress-blog_05

画像はクリックで拡大されます

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

ソーシャルメディア設定⑤ ~ソーシャルプロフィールリンク~

「ソーシャルプロフィールリンク」:連携させたいSNSのプロフィール画面URLを入力します。「Facebook」と「Twitter」などのように複数ある場合は、連続させずに改行を使います。

「個人または団体のどちらですか?」:個人でブログを行っている場合は「人」でOKです。

「関連付けられた名前」:ブログタイトル名を入力します。

sns-wordpress-blog_06

画像はクリックで拡大されます

ソーシャルメディア設定⑥ ~Facebook設定~

「Facebook管理者ID」:個人情報保護の観点から、入力しない方がおすすめです。

「Facebook App ID」:「管理者ID」とは別の「App ID」というIDをあらかじめ作成した上で、入力します。「App ID」は、下記リンクの「新しいFacebookアプリを作成する」から作成できます。

>> アプリIDの作成 - アプリ開発 - Facebook for Developers

「記事のタグを自動生成する」:チェックを入れます。 の設定ができるようになります。

「記事のタグにカテゴリーを使用」:チェックを入れます。記事に設定したカテゴリーを、Facebookで投稿した記事タグに反映できます。

「記事タグで投稿タグを使用」:チェックを入れます。記事に設定したタグを、Facebookで投稿した記事タグに反映できます。

「Enable Facebook  Meta for Post Types」:投稿・固定ページ・メディアにチェックを入れます。投稿編集の画面で、Facebook設定を個別にできるようになります。

 ※ 投稿編集の画面下部 「All in One SEO Pack」 > 「ソーシャル設定」タブ から行えるようになります。

「Facebook Publisherの記事を表示」:FacebookページURLを入力します。設定内容をFacebookページに適用させるための項目です。

「記事にFacebookの著者を表示」:チェックを入れます。WordPressユーザー設定の「Facebook」で入力したURLが、FacebookでWordPress記事を投稿した際に ”作成者タグ” として反映されます。

sns-wordpress-blog_07

画像はクリックで拡大されます

そのほかの項目:デフォルトのままです。

sns-wordpress-blog_08

画像はクリックで拡大されます

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

ソーシャルメディア設定⑦ ~Twitter設定~

「デフォルトTwitterカード」:投稿した記事の、Twitter上での表示スタイルを選択できます。スッキリ見せたい場合「要約」、ちょっと目立たせたい場合「要約の大きい画像」を選びます。

「Twitterサイト」:WordPressブログと連携させたい「Twitterアカウント」を、@まで含めて入力します。

「Twitter投稿者を表示」:チェックを入れます。Twitter上で表示される投稿記事に、Twitterアカウントの記載が加わります。

「Twitterドメイン」:Twitterと連携させたいWordPressブログのドメインを入力します。ドメインなので、「https://www」は不要です。

sns-wordpress-blog_09

画像はクリックで拡大されます

ソーシャルメディア設定⑧ ~詳細設定~

すべてデフォルトのままです。

sns-wordpress-blog_10

画像はクリックで拡大されます

「All in One SEO Pack」における、ソーシャルメディア(SNS)設定の基本的な流れは以上です。

おしまい♪

【デザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!】

wing_300_blog

検証と改善を重ねた唯一無二のワードプレステーマ WING AFFINGER5

この記事を書いている人

まる

丸10年の会社員生活から独立して、WEB業界でフリーランスをやってます。このブログでは、

・『WordPressブログ』の初心者向けマニュアル

・大好きな『東野・岡村の旅猿』ネタ

この2つを中心に発信しています。

↓↓↓ 記事を気に入って頂けたらぜひシェアをお願いします♪

-WordPressブログ運営

Copyright© MAL LiFE LOG , 2018 All Rights Reserved.